ホーム Featured

Featured

Featured posts

小説:「土曜の夜と日曜日の夕方」〜前編〜

一人でやり過ごす日曜日の夜は、いつも長くて寂しい。 仮住まいのこの場所で、キッチンのシンクに置いたカップに水を流し込んだ。明日洗えばいいやと独りごちながらカップを見つめていた。溢れ出す水を見ていて、ふとあの時を思い出していた。 テレビは試験電波の画面に変わっていた。

トキ・ノ・ワ 3.11

東日本大震災からかれこれ2年、正確に言えば、731日という時間が流れた。

小説:「土曜の夜と日曜日の夕方」〜後編〜

待ち合わせのコンビニには、15分前に到着した。 急にまた胃のあたりが強張ってきた。

インタビュー:佐山氏に聞く「復興、破局、復旧はトキのワ ー独りの出版人としてー」

目黒区内の仕事場を訪ねていきなり供されたのが、「みなまた 安心・安全なものづくり」のキャッチフレーズを付けた『天の紅茶』。